2013
井雲くす先生 インタビュー
5 ero


 最近ではデビューしたばかりであると言うのに既に卓越した画力、才能に満ちあふれている新人作家がとても多い。出版不況や表現規制がより厳しくなる昨今であるが、新人の競争はより激化の一途をたどっている。しかし、才能のある新人作家と言えども、商業デビュー以前に描いてきたマンガ歴、言わば助走があったからこそ、その才能が開花するものだと思っていた。そう彼女の作品を読むまでは。

しかし、井雲くす先生の初単行本のあとがきを読んだとき、私は自分の目を疑った。

 「エロ漫画どころか漫画そのものを描いたことがありませんでした(テヘ)」

 画力、マンガ構成、そして何より股間に響くこのエロさ!(*゚∀゚)=3 とても、エロマンガを初めて描いたとは信じる事ができない洗練された作品。助走なしにこんなに全力疾走できるものなのか? いや、とても信じられない! この感覚は現実を受け入れる事ができない自分への苛立ちなのか? この気持ちを解消する為には直接本人に聞いて確かめるしかない。という事で、さっそく先生にアポイントを取りインタビュー場所の秋葉原へと向かった。

でも本当は、変態女性上位、童貞マインドという先生の作品の魅力が大好きだ!と素直に言えない自分がいる事は秘密だ!(笑)

待ち合わせ場所の秋葉駅電気街口 そのままカラオケ館へ!


ゲストプロフィール
井雲くす(いぐもくす)
コアマガジン発行のコミックメガストアH(2010年11月号)にて「あたしの勝ち!」でマンガ家デビュー。新人とはとても思えない、画力と斬新なストーリーにて現在人気急上昇中。童貞卒業請負人として一歩先を行く新しい「童貞」ジャンルを切り開くべく作品を発表中。老後の夢は、水タバコのお店を持つこと…。 (HP) (twitter) (pixiv)


続きを読む…


2013
【速報】「エロマンガノゲンバ Vol.9」ゲスト発表!
13 ero
ども、稀見です。

もう編集をガンガンしなくちゃ行けないのに風邪引きました。喉が痛くて鼻がでまくりで、さ、作業が進みません…。
しかし、締切は待ってくれませんので頑張りますよ!

というわけで、冬コミ新刊の「エロマンガノゲンバ Vol.9」のインタビューゲストの初公開です!!

と言っても、結構バレバレだったりしますが…(^_^;


続きを読む…


2013
【途中経過】アマゾンで買えない成年マンガ 2013
0 ero
去年も行ったんですが、正規に発行はされているけど、アマゾンで買うことのできない成年コミック、と言うリストをまだ暫定ですが作ってみました。

ちなみに去年版はこちら

■「2012年 アマゾンで買えなかったエロマンガリスト

何故暫定で出したかというと、最近Kindleのアダルトコミックの方で、謎の一括削除問題がありまして、いったいどういう基準で削除しているかわからない状態だったんです。そこで、じゃ一般の紙の本の場合はどうなんだろう? と、改めてリストを作ってみたわけです。もしかしたら、何か似た傾向があるのかも?

と思って出したリストが以下(合計28点)になります。


続きを読む…


2013
【速報】コミケ受かりました! 一部ネタ公開
10 ero
ども、稀見理都です。

おかげさまで今回の冬コミ(C85)にも無事参加できることになりました。
もちろん、新刊の「エロマンガノゲンバ Vol.9」を発行予定です!

というわけで、速報で場所のお知らせです( ´ ▽ ` )ノ

3日目 西も-15b 「フラクタル次元」


3日目 西館 も15b「フラクタル次元」(WEBカタログ

になります。
今回は久しぶりの西館になります。東との連動は難しいとは思いますが、その分午後にまったりといらして下さい〜
(一応、東館でも委託予定はありますので、詳細が決まり次第お知らせします)


■とりあえず、企画ページ内容公開

コミケに参加が決まったので、さあこれから同人誌制作!では、もう間に合わない「エロマンガノゲンバ」シリーズ。今回も140P近くのボリュームで、濃い内容の記事を提供すべく、自分の仕事まで返上して編集しています(笑)

で、とりあえず一足先に、インタビューページではなく「企画ページ」の方の内容を公開いたしますね。インタビューゲストの公開は、来週あたり?

◆その1「エロマンガノゲンバができるまで」

企画その1「エロマンガノゲンバができるまで」


この企画だけは既に告知済みですね。

いつも、「エロマンガノゲンバ」の印刷をおねがいしている「コーシン出版」さんの全面協力をいただき、自分の同人誌「エロマンガノゲンバ」ができるまでの行程を全て追ったドキュメント記事を制作中です。

申し込みから、製版、印刷、製本、コミケ搬入までの全てを追ったドキュメントです。同時に動画の公開も目指していますので、両方楽しみにしていて下さい!

◆その2「インタビューの現場」

企画その2「インタビューの現場」


インタビューの現場という事は、エロマンガノゲンバでのインタビューがどのように行われているかの、自分レポ? と思いきやそうではありません。

「ゲンバ」以外でも積極的にマンガ家さんにインタビューをされている団体(個人?)があります。主に大学のマン研の有志が集まり活動されている「東京マンガラボ」さんの、インタビュアー班に密着し、彼らのインタビューをスパイ… いや、取材したこちらもドキュメントです。

いや〜自分以外の人のインタビュー現場って実はよく知らないので興味があったんですよね。いったいどんな取材方法で、自分とどう違うのか? という部分をレポートしたいと思っています。

◆その3「取次の現場」

企画その3「取次の現場」


最後は、かなり地味な記事ではあるんですがとても重要な現場。皆さんがこうしてエロマンガが読めるのには、作者、出版社、そして書店を繋ぐ「取次」さんという大事な職業があるからなんですよね。縁の下の力持ちという存在で頑張っている「取次」さんに焦点を当ててみました。

取材をさせていただいたのは、特に成年向けコミック雑誌の取次にとても強い「株式会社 文苑堂」様。書籍の流通の仕組み、そして取次さんが起こしたエロ出版社についていろいろ聞いてきました。こちらも、楽しみにしていて下さい〜( ´ ▽ ` )ノ

あ、最後に唯一の連載記事もお忘れなく。コレです(笑)





■バックナンバーは是非 COMIC ZIN さんで!

バックナンバーはどこで手に入りますか? とよく聞かれますが、基本的には「虎の穴」さんと「COMIC ZIN」さんで手に入ります。

ただ、虎の穴さんは、通販の在庫がないものが多く、時期によってあったりなかったりするんですが、COMIC ZIN さんは違います。見て下さい、この秋葉店の様子を!

COMIC ZIN 秋葉店には専用の棚が


と、ZINさんには常にバックナンバーがほぼ揃っている状態ですので、どうしても欲しい号、まとめてくならZINさんをお勧めいたします( ´ ▽ ` )ノ

というわけで、新刊、バックナンバーともよろしくお願いいたします!!




2013
『役に立つお金の話』とコミトレ報告
10 ero
ども、稀見です

昨日は、大阪のインテで行われた、「こみっくトレジャー22」に参加してきました。



最初は台風が1日に直撃、という最悪が予想される展開でしたが、台風は大きく発達することなく温帯低気圧になり前線に吸収されました。そのかわり天候のかわりやすい不安定な状態にはなりましたがイベントは無事開催され(途中、豪雨で雷も鳴りましたが)、終わる頃にはすっかりいい天気となり、本当に多くの人で賑わったイベントになりました( ´ ▽ ` )ノ

次は1月かな? また新刊出して遊びに来ますよ〜〜!!

■初心者同人作家のための役に立つお金の話(最終回)

コアマガジンの雑誌「ホットミルク」でエロマンガの中でひっそりと連載させて頂いていたコラム記事「初心者同人作家のための役に立つお金の話」ですが、今回の10月号でとりあえず、短期集中としては終了です。

「COMIC ホットミルク 10月号」(コアマガジン)


今回のテーマは、同人活動を行って行う人にとって一番気になる点かも知れない「必要経費」のお話しです。

何がどう経費になるの??


ま〜1Pという限られたスペースではあるので、細かく全てを説明することはできませんが、基本となる「考え」などを説明して、わかりやすい内容になるよういろいろ書かせていただきました。(とは言え、あくまで初心者用なので、ベテランの方には物足りないかもしれませんが(^_^;)

エロの中の箸休めのコラムで、かつ、さらにちょとお堅い「税金」の話を書くという、ちょっと冒険的なコラムでしたが、個人的には毎回楽しく書かせていただきました。RaTe先生とのネームの打ち合わせなどで、どうでもいい方向で盛り上がれたのもいい思い出です(笑)

といいつつ、もしかしたら別のテーマでまた「お金」のお話しを書くかも知れません。というわけで、質問でも感想でも何でもいいので、リアクションをいただければもの凄くありがたいので、是非感想を頂ければ幸いです<(_ _)>
(アンケートハガキにも、コラムの項目はないですから…)


■ネット版で、全ての記事を読めます!!

記事も読めないと感想も意見もないですよね〜

というわけで、雑誌を買えなかった人、買ったけど一々読み返すのが面倒な人に朗報!

今まで書いてきた記事、そしてその記事のネット版だけでしか読めないおまけ記事、そして今日発売の「ホットミルク」の記事まで全部WEBで公開中です!

・初心者同人作家のための役に立つお金の話(WEB版)


ここで、全ての記事を最初から読む事ができますので、ふり返りつつ是非参考にしていただければ幸いです。で、もちろん、雑誌を買ってない方でも、どんどんご意見感想などをください〜!!( ´ ▽ ` )ノ

2013
【終了】動画編集が出来る方(エロマンガノゲンバ 記事制作)募集
0 ero
ども、稀見理都です。

お手伝いの募集の告知です。
【注:現在、もう募集はしていません】

現在、既に冬コミ合わせの新刊「エロマンガノゲンバ Vol.9」の取材&制作の取りかかっています。
そこで、今回の特集記事の1つ「同人誌が出来るまで」という企画の取材記事制作を手伝っていただける方を募集しています。

どういう企画かというと、「自分の同人誌がどのように作られて、コミケで配布されるか?」という一連の流れをドキュメント的に追い、その過程での苦労や、実情を記事にまとめる内容を予定しています。

自分の同人誌なので、既に取材のみの過程は終了しています。(夏コミの自分の新刊が出来るまでを追ったので(^_^;)

こんな感じです。

青焼き版下


フィルム製版状態の原稿


印刷される自分の原稿(モノクロ)


製本されて完成する同人誌


コミケに搬入される自分の同人誌


と、ザッとこんな流れです。上のは写真ですが、実は平行して「動画」の記録も行っています。
で、紙の記事制作と同時に、動画での記事制作も行い、こちらの方は動画での記事公開を目指しています。

ただ、自分には細かい動画制作のノウハウがなく(やればソフトはあるのでできるとは思いますが、時間がかかりチープな物になってしまうので)、できればノウハウが有り、技術的にもしっかりと見られるいいものを作りたいので、この動画編集を手伝っていただける方を募集しています。

ただ、申し訳ありませんが、仕事として派手はなく、純粋に手伝いレベルな物としてのお願いなので、正規の報酬等はありません(お礼として何らかの形のものは出せるかとは思いますが(^_^;)

というわけで、もし「興味があるので手伝わせて下さい!」「面白そうなので、手伝わせて下さい」というか違いましたら、下の連絡先までメールいただければ幸いです<(_ _)>
【注:現在、もう募集はしていません】

『「同人誌が出来るまで」の動画編集お手伝い募集係!」
kimirito☆manga-studies.com(☆を@マークに!)


2013
「エロ写植」の世界!!
0 ero
ども、稀見です!

実はダイエットしてるんです。6月頃から3ヶ月で8Kgも痩せたんですが、コミケではその事に誰もつっこんでくれませんでした(^_^; 着やせするタイプなんですかね? あまり変化がわからない? 悔しいので、秋までにさらに痩せてやる!!ヽ(*°ω°)ノ

今日は、今回の夏コミで素晴らしい同人誌に出会ってしまったので、これは宣伝しなくてはと思い、一筆書かせていただきました!

題して「エロ写植」の世界です!!(;゚∀゚)=3


■「エロ写植」とは?

夏コミの開場前、いつもお世話になっているワニの編集さんが、わざわざうちのブースまで来ていただいて、ある人を紹介して下さったんです。その方は、元ワニのデザイナーさんで、今は独立されているんですが、その方の作った同人誌を是非見てもらいたいと!

その同人誌を見て驚愕しました!! 「す、すばらしすぎる!!」ヽ(*°ω°)ノ

「エロ写植」(発行:arcobooks)


これが何であるかを一言で説明するのは難しいのですが、あえて簡単に言うと「エロマンガの写植で使うであろうと思われる、写植のバックアップスクラップ」の保存的同人誌である。

とりあえず、内容を見てみましょう!

ああぁぁあ〜〜〜ん!!スクラップ?


すいません、インパクトはありますが、結局何であるかさっぱりわかりませんね(^_^;

う〜ん、これは編集の経験がない人だと理解しにくいとは思いますが、も少し説明すると…

セリフなどの写植は、指定して基本外注するんですが、不測の事態(誤植、発注漏れ、差し替え)などが発生し再発注する時間がないときなど、このスクラップから必要な写植を切り出し、修正などを行うための、緊急措置用写植スクラップとでもいう代物なのです。

他のページも…

見ているだけでも興奮してくるぜ!(;゚∀゚)=3


さらに疑問が? じゃ、なんでそんな大切なものを同人誌に?

いや、大事だけど、この写植切り貼りという技術は、今の編集の世界では既にレガシー技術なのです。今はデジタル写植が主流なので、このスクラップ自体の役目はもう既に終わっているわけです。

でも、でもですよあなた!!ヽ(*°ω°)ノ

これは今や既に、編集やエロ文化の貴重な資料なのです! エロマンガがどのように製作されてきたかという、生きた貴重な資料なのです!! ただ、ワニマガジン社の資料室で廃棄を待っていただけのこのスクラップ集を、同人誌という形で見事復活させてくれたわけです。

この同人誌「エロ写植」のページがありますので、経緯、詳細はそちらでも読む事ができます。



(参照) arcobooks

セリフだけではなく、こんなページも…

作家名前スクラップなども!


RaTe先生や、OKAMA先生の写植も… そして「快楽天」の写植まで(^_^;
そうです。このスクラップが活躍した時代は主に、1997年〜あたりのワニマガジンの雑誌「快楽天」「ヤングHip」「激漫」あたりですね。

写植をのセリフを読むだけで、当時の雑誌や、作品が思い出されます!(;>_<;)



■この同人が欲しい!!!

この素晴らしい同人誌を是非手に入れたいと思いませんか?(^_^;
はい、もちろん現在なら通販も可能です!

虎の穴やCOMIC ZINでも手に入れることが出来ない、貴重な同人誌で、価格も2,500円と少し高いですが、それだけの価値のある立派な本です。在庫も少ないので、是非後悔しないうちに手に入れましょう( ´ ▽ ` )ノ

通販はこちらから!!

「エロ写植」通販ページ

●エロ写植
価格 :2,500円
サイズ:A4判
本文 :96ページフルカラー
帯  :西安先生の推薦帯付き!


■ヘンシュウノゲンバはまだ必要?

マンガファンの方でも、編集者が行う実作業を正確に把握している人は少ないんじゃないでしょうか? 昔のイメージだと、原稿の打ち合わせ、そして何より原稿を取りに行く!というのがメインの仕事だと思っている人も多いのでは?

デジタル入稿の時代、さすがに家まで原稿を取りに行くことは少なくなりましたが、編集者の仕事で一番編集者の感性が出る部分が「写植」の指定の部分だったりもします。こういう地味ではありますが、重要な仕事は「バクマン」でもあまり描かれていません。

今回紹介した「エロ写植」も、ある意味編集部が培ってきたノウハウの蓄積でもあるんです。どういう文字が必要で、どういうときに対処できるようと、経験が作らせたんです。

マンガ制作も日々進化します。でも、こういう地味で目立たない技術は、その存在を知られないまま消え去ってしまうことになりかねません。そんな技術だからこそ、しっかり残していき、後生に別の意味として役立てて行ければと思います。

いや〜〜「エロ写植の現場」是非。もっと取材したいな〜(^_^;


2013
コミケ報告、コミティア、コミトレ
0 ero
ども、稀見理都です。

夏コミ、酷暑の中の開催にして、過去最高の入場者数というもの凄いイベントではありましたが、そんな過酷な状況の中わざわざサークルまで来ていただいて本当にありがとうございました。



おかげさまで、持ち込んだ新刊を含めた同人誌(上の写真)は、ほぼなくなり、帰りの荷物が軽くなりました( ´ ▽ ` )ノ

今回のコミケは変則2日目ではありましたが、やはりメインの男性向けの日に合わせて最高気温を更新するなど、お天道様も酷い演出ですよね〜(^_^; でも、伝説のコミケ雲が見られたのは、ある意味記憶に残る即売会になったのかもしれません!

コミケ当日になくなった在庫でも、まだ完全になくなったわけではないので、引き続き即売会や、委託先などで販売していきます!

新刊の「エロマンガノゲンバ Vol.8」は、虎の穴、COMIC ZIN さんで委託中なので、通販やお店に行く機会がある場合にお求めいただければ幸いです<(_ _)>

エロマンガノゲンバ Vol.8
2013年8月発行 140P 1,000円 (画像をクリックすると詳細が見れるよ!)
インタビュー特集!
  • 西安
  • けろりん
  • あさぎ龍
  • チンズリーナ
その他の現場!
  • 編集の現場2
「COMIC ZIN」さん「とらのあな」さんで委託中です。
COMIC ZIN とらのあな
※ 書店委託は、定価より若干高めになります。


■コミティアに委託、大阪コミトレに参加します!

書店委託以外の今後の即売会参加情報ですが、来週頭の「コミティア」で、けろりん先生のブースに、新刊の「エロマンガノゲンバ Vol.8」を委託いたします。

けろりん先生のサークル「P16b 桃色蛙公司」にて新刊委託します!


場所は「P16b 桃色蛙公司」です!
新刊以外にも、少しですがバックナンバーも持って行く予定です〜



そして、来月頭の9月1日に大阪で行われる「コミックトレジャー」には、いつも通りサークル参加しますので、こちらでもお待ちしています( ´ ▽ ` )ノ

2013年9月1日(日) 5号館 キ-17a フラクタル次元


場所は「5号館 キ-17a フラクタル次元」になります!

コミトレでもいつも通り、新刊とバックナンバー(Vol.1,Vol.2を除く)を販売する予定なので、コミケで買いそびれた、大阪で待っているぜ!という方は是非お越しください〜
大阪では、コミケの時にように、記録的な猛暑にならないようくれぐれもお天道様お願いいたしますよ〜w

2013
西安先生 インタビュー
15 ero


「気を大きくするために少々お酒を入れたいので、お酒が呑めて個室であれば、インタビューOKですよ~」と西安先生が言ったので、今日は吞みインタビュー記念日。

 ゲストの方が一番リラックスしていただける環境をセッティングするのも、インタビュアーの大事なお仕事!
でも、半分は「吞んだ勢いで、ヤバイお話も聞けたりしちゃって…」という邪心があったとか、なかったとか(笑)

 昼から完全な個室は用意できなかったが、午後1時からの客なんて僕らしかいないという、ある意味完全貸切状態で始まった、ゲンバ初の吞みインタビュー! 西安先生はインタビュー開始から、まるで自分のエネルギーであるかのようにアルコールを消費し、酔拳のごとく吞めば吞むほど饒舌に、そしてハイテンションに語り続けた。これは、その時のドキュメントである!刮目して読むべし!!

今回は、西安先生直々の挿絵で記事をお楽しみ下さい!

お店に行ったら、まだ開いていなく場所がわからなかった(^_^; (入り口に店名が書いてある)

ゲストプロフィール
西安(にしいおり)
広島から上京し、ゲームソフト会社の「ウルフチーム」に就職。その後、紆余曲折あり、1994年「コミック ウェイク」(メディアックス)「超キャプテンRASCAL」でマンガデビュー。自分がOKなら何でも許す!という理念から、幼女から熟女、そして美少年?まで、幅広いジャンルで活躍。妄想が趣味で、時間があればよく江ノ島方面へ出かける。


続きを読む…


2013
けろりん先生 インタビュー
19 ero


エロマンガ家さんの知り合いから「けろりん先生の大ファンなんです!」と言われた事がもう何度あっただろうか? 一般読者のファンももちろん、同業者の方にファンが多い作家というのは、自分には真似のできない「魅力的」な作品を創り出しているという事ではないだろうか。素人読者の私から見ても、けろりん先生の描くキャラはとても魅力的だ。エロマンガはファンタジーと頭では理解しつつも、先生の作品に出てくる人物は身近な存在で、本当に隣に住んでいるかのような錯覚に陥ってしまう。そんな「けろりんワールド」の秘密を是非知りたい、是非訊きたい! と、オファーし続ける事3年、3回目にしてようやくOKのお返事をいただいた (*´∇`*)

 インタビューを行ったのは、例年よりかなり早く開花した桜が満開になった3月の下旬の川崎。神奈川県でのインタビューは、私の地元だというのに実は今回が初めてである…。
(マンガ家さんもっと神奈川県に住みましょう(=゚ω゚)ノ )

ゲストプロフィール
けろりん
1998年「Mac100%」(晋遊舎)で、イラストカットデビュー。同年「萬福星」(ビブロス)、松文館のアンソロジー「マニアック Vol.1」(99年)にてマンガデビュー。表情豊かで魅力的なキャラクターと微妙にクロスするストーリー展開で人気を拡大中。台風に弱い東急やJRを尻目に爆走する京急を愛し、将来は京急羽田沿線に住むのが夢!


続きを読む…